あいまい工場製造日誌

あんまり調べずに書く、よくある感じの日記です。

行動をやめても、何もしなくても死ぬ感じ

ミランダ・ジュライ『いちばんここに似合う人』面白かった。孤独を抱える女性たちを主役にした短編集。 いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)作者: ミランダ・ジュライ,岸本佐知子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/08/31メディア: ハードカ…

30代半ばで振り返る「若かった」自分の話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/04/12メディア: 単行本 クリック: 3,074回この商品を含むブログ (78件) を見る 読了。30代半ばで振り返る「若かった」自分の話。 そういえば先日読み終わった…

彼の人生、モテの絶頂期は7歳だった

寝床で寝ぼけながら『無限』読了し、今日から『オスカー・ワオの短く凄まじい人生 』読み始める。オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)作者: ジュノディアス,Junot Diaz,都甲幸治,久保尚美出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2011/02メデ…

いちおう神の設定だけど

本読もうにも眠くてぜんぜん進まない。春だなー。今読んでるのは『無限』。無限 (新潮クレスト・ブックス)作者: ジョンバンヴィル,John Banville,村松潔出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2010/10メディア: ハードカバー クリック: 14回この商品を含むブログ (…

『働けECD』とマファルデ

久々にパラパラとめくってたら面白かった。『働けECD』。ほんとそうだよな、まずはぐだぐだ言わず働き、生活せねばならないよな、と思った。『働けECD』はラッパーECDの奥さんの日記。シンプルな言葉で毎日が綴られてて、読んでてスッキリした気持ちになる。…

読書メモ

『短歌の友人』、昨日引用した箇所をあとがきで高橋源一郎も引用しておりちょっと嬉しかった。すごいなと思ってる人と同じとこ注目できた、ということ自体にはあんまりいみがないのだろうけど、変に安心してしまうな。というわけで次はスティーヴン・ミルハ…

『短歌の友人』もうすぐ読み終わり。

穂村弘の「言葉」、「歌人」、「時代性」に対する距離の取り方がいい。第3章〈リアル〉の構造より引用。 それにしても〈酸素〉とは何なのか。現在の我々の世界が酸欠状態にあるとして、時間の流れと共に失われた〈酸素〉の正体とは何なのだろう。例えば、そ…

『短歌の友人』読み途中。

穂村弘『短歌の友人』読んでる。第3章「〈リアル〉の構造」より引用。人間の生存を支える合目的的な意識こそが、ベンチの上に確かに在るはずの「うめぼしのたね」を、我々の目に映らなくしている、と。すべての人間にインプットされている「生き延びる」とい…