気分は日記

あんまり調べずに書く、よくある感じの日記です。

ポンジュノ

ポンジュノ監督『パラサイト』を見た。半地下に住む家族が豪邸に住む裕福な家庭に次々と喰い込んでいく話。ポンジュノ作品では『ほえる犬は噛まない』がぼくは好きなんだけど、『パラサイト』は話の大きさ感が『ほえる犬〜』に近いというか、最近のCGゴリゴリ超大作群よりも作品の身体性が高い/良い感じにコントロール効いてる印象があったの面白かった。監督の得意な間合いみたいなやつ。

ほえる犬は噛まない(字幕版)

ほえる犬は噛まない(字幕版)

  • 発売日: 2014/06/07
  • メディア: Prime Video

『パラサイト』する側、半地下家族がみんな有能なのがめちゃくちゃ皮肉で、ただチャンスがないだけで全ての人が紙一重な事実を想像させるヒリヒリする表現だと思った。無計画であればそもそも期待なんてしないし、だから挫折や悲しさを感じない。どうせ叶わないから計画なんてしないなんて、辛すぎる思考の到達点なんだよな。

計画・実行・失敗しやり方を変えて少し上手くいく。その繰り返しで自信や選択肢を得ていくことが成功体験だと思うのだけど、そのためにはやり直しの機会を得られる環境とそれを支える経済的余裕が必要で、その双方を持たない人間はどんどん先細っていき、最後には諦めてしまう。本人の資質の問題ではない。

あと『パラサイト』される側の家族が最後まで“悪意のない善良な人たち”として描かれてたの印象的だった。ただし娘にとって家庭教師は代替可能であり、妻の家政婦はチャパグリと同じく手軽な手段で運転手は性的魅力を感じる対象ではなく、社長には一線を超えない足でしかない。自分たちが招き入れてるのになあ。

「今こういう状態が存在しているんですよ」と伝えるためのアプローチとして(ポンジュノの資質なんだろなと思う)あの泣き笑いみたいなリアリティラインを採用するわけだけど、その飲み込みやすく配慮された作品が例えば作中のIT社長みたいな人にどう届いているのか、みんなどう思ったんだろうかと余韻の残る作品でした。

つけてみそ

若鯱家のカレーうどんが好きでたまに食べに行く。名古屋にいたときは適当に歩いていればすぐお店があったのだが、いまの生活圏内には1店舗しかなく、なんとなく特別感がある。あるのだが、ミニ丼セットの扱いがなくなちゃったんだよなー、この店舗。ちょっと考えてチーズトッピングにした。

MARK IS みなとみらいではテナント料との割りに合わないメニューだったのか、あるいは丼とカレーうどんを同時にもりもり食べるタイプのひとはあまりターゲットとしない戦略なのか。同建物に入っている丸亀製麺との差別化もしないとだし、まあ大変なんだろう。

中部圏のごはんは総じて好きで、山ちゃんに手羽先食べに行く(銀河高原ビールの生が大ジョッキで飲めるのも良い)とか、うずらフライにナカモの『つけてみそかけてみそ』かけてみるとか、関東に戻った今でも割と生活の一部になっている。

ただ、土手串カツだけがなあ、気軽に食べれないんだ。土手煮込みの鍋に串カツを浸してべちゃっとさせて食べるやつ。山ちゃんにあるのだが、薄切り肉を巻いたカツじゃなくて、できれば豚バラのブロック肉で3本180円くらいのやつ。12本くらい頼んで、ビールをぐいぐい飲みながら、冷めないうちに食べたいのだ。

ep.7-9

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を見た。シリーズ終焉。何事も“終わらせる“のは大変なのだなと思った。感慨深い。 賛否のあったep.7-9だけど、ぼくは好きでした。

上映中に売店で買ったチリポテトを食べていたせいで、「終演後アメリカンなものが食べたいけど胃がもたれてる状態」になってしまった。年を感じ、老いとは出来ていたことを1つずつ手放していく旅と見つけたり、と言いながらビール飲みつつニンニクチャーハンを食べた。米はいける。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (字幕版)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (字幕版)

  • 発売日: 2016/03/29
  • メディア: Prime Video

チヂミ

今シーズン2回めの冬キャンプへ。

焚き火台の下でグリルしたらオーブンみたいな感じでいいんじゃないか、との想いで購入したブッシュクラフトの『ウルトラライト ファイヤースタンド』でチヂミを焼いた。なんかふっくら焼けた感じがある。段々と調理のためだけに炭を起こすのが面倒になっており、できればすべて薪で済ませたい。

通常のセッティングだとかなり低いのでペグで高さを出して使用。この焚き火台はかなり小さくなって良い。荷物は小さいに限る。

iPhone11Proは夜でもめちゃくちゃ撮れるね。これは深夜の月。

肉眼で見えなかった星まで撮れている。

荷物を減らすために銀マットを薄いのに変えたらコットで寝てるとは言えさすがに冷気を感じた。サーマレストのZライト ソルあたりを買っちゃうのが正解なのだろうか。

補佐官

Netflixで『補佐官』を見始めた。国会議員の補佐官が政治的対立や策略渦巻く中で仕える議員の立身出世と自らの出馬を目指す韓国ドラマ。

同じくNetflixで配信の『House of Cards』を意識しているのかな?あちらはケヴィン・スペイシーの降板で残念な終わり方だったなー。とはいえ残されたキャストで出来る限りのうまい着地を目指しており、風呂敷のたたみ方として嫌いではなかった。

『House of Cards』との違いは、主人公が議員ではなく、あくまで秘書・補佐官なところ。議員の無茶振りと自身の信念の中で葛藤しながらも、脅し恐喝揺さぶり裏切りなど手段を厭わず打開策を見出していくところが気持ちいい。

『補佐官2』も配信が開始されてるみたい。気になるのは、シーズン2でもサブタイトル無しで題名『補佐官』のままである点。主人公のチャン・ テジュンはシーズン2になっても補佐官のままなのだろうか。出世の道は2クールでは終わらぬほどには長い…。

食べている

心身が弱ってくると食欲が増す。理由をいくつか考える。

  1. もりもり食べてわりとすぐ良くなった経験がある
  2. 寝込んでると食べるくらいしか楽しいことがない
  3. 普段からたくさん食べたいが罪悪感があり、弱っていることを理由に好きに食べている

どれも心当たりがあるが、3に哀愁を感じる。いや、そもそも食べることに罪悪感を感じる必要なんてないはずだ、と思い昼飯にレバニラを食べた。朝はフランスパンのフレンチトーストだったし、今頃うちにはモツ鍋セットが届いている。

要求

ロダンの映画を見ている。弟子のカミーユと愛人関係にあり、彼女の才能を認めながらもロダンが表現を追求する中でカミーユの作品を自身の名義で発表した、というエピソードがさらりと描かれる。一方でカミーユが愛人であるがゆえの鬱憤からロダンに対して過剰な要求をするようになっていく、かのような演出がなされている。

彼にまつわる映画は2つあるらしく、いまぼくが見ているのはロダン財団かどこかが記念事業として作った新しいもので、『地獄の門』の制作がいちおうの主題に見える。もう一つは80年代に作られていて、カミーユ目線で描かれているらしい。こちらは NetflixAmazon prime video 双方で見られなかった。