あいまい工場製造日誌

あんまり調べずに書く、よくある感じの日記です。

バーフバリだけに

Netflix で『バーフバリ 王の凱旋』を見る。マヒシュマティ王国の王となるバーフバリが民の生活を知るために旅に出る、という話。どこにいっても、なにがあっても、バーフバリは絶対的に「王たる者」なのが非常に良かった。特に、溢れるカリスマゆえに民からめっちゃごはんを口に押し込まれるところがよかった。

リアリティラインが絶妙な作品でもあった。バーフバリだけに涼やかな風が吹き髪がたなびいたとしても、彼まじ王だしパラメータ設定やレギュレーションが違って当然だよなという感想しか出てこない。CGが一部稚拙に見えるが、でもそういう世界なのだと納得できる妙なバランスがあった。

シリーズ2作目から見るのどうなの、とは思っていたのだが、あまり細かいことを気にせず楽しめた。1作目も見てみたいな。