あいまい工場製造日誌

あんまり調べずに書く、よくある感じの日記です。

メメント

メメント』を見る。むかし見たような気がするけどまったく覚えていなかった…。ある事件を機に記憶が保てなくなった男が人を殺めるまでの話。記憶とは、自分が生きる世界を確認するための補助線であり、記憶の数だけ人はそれぞれの世界を生きており、またそれとは関係なく人の外側に世界は存在し続けている。まじクソな世界だとしても、人は生きたい世界を選択して生きているのだというメッセージを受信。前向きでつらいメッセージだ。